リスティング広告は早いもの勝ち

リスティング広告というネット上の広告手段は、広く認知されるようになってきました。

リスティング広告は、インターネット上で、ユーザーが求める検索に合わせて、ピッタリくる広告を表示する広告システム。
ヤフーでは【Yahoo!リスティング広告】、グーグルでは【Google AdWords(アドワーズ)】があります。

広告主の側で、各広告に関連するキーワードをあらかじめ設定しておき、ヤフーやグーグルでユーザーのキーワード検索結果に対応した広告を提示します。

広告する側にとってのメリットは、ユーザーがクリックした場合にのみ料金が発生し課金される仕組みになっていることです。

その意味は、少なくても興味を持ったユーザーが、積極的に広告であるホームページにアクセスしてくるということです。
このユーザーの行動は通りすがりのユーザーよりも、より積極的な購買動機をもっているわけですから、買って貰える可能性が高いといえます。

1クリックの単価は、全国、全世界のユーザーを対象にするのか、狭い地域を対象にするのかによって金額がちがってきます。

この場合、広い範囲のユーザーを対象にする方が、単価が高額になります。
このリスティング広告の命は、検索の1ページ目または、はやいタイミングで表示されなければ意味がありません。

いわゆる陣取り合戦の「早いもん勝ち」みたいな感じになります。

リスティング広告の料金については→http://www.tokyoadagent.jp/